来年にかけて計画をしっかり進めましょう。

ここ最近は住宅建築を見据えてしっかりと計画していくように勧める住宅会社が多くなってきています。

そのなかでもアパート家賃と比較してみせるところが多くあるようです。

お客様のことを考えれば、将来のことまでも見据えて考えてあげる必要があろうかと思っています。

住宅を購入することは一生で大きな支出となりますが、それよりも金融機関から借り入れるためのローン金利が比較にならないほど高額になることもすでにご存じのとおりです。

金利云々というより、自分たちはこれから将来どのような生活の計画をするかがカギではないでしょうか。

たとえばご長男の場合、たとえ新たに新居を構えたとしても両親の面倒を見ていかなければならないと思います。

その場合、別居することがいいのか、またはご自分の家に将来同居、または敷地内に住んでいただくのか等々考えるべきこともあるように思います。

その際には既存の土地建物にかかっている費用および住宅ローンの残債などについても検討が必要ではないでしょうか。

全てを見据えて検討していきましょう。

けっして目先のことだけではすまない問題ですね。

ご相談ください。

今日も事務所は子供たちでにぎわっています。

IMG_0690

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>