木材業界は復活する?

私がそのことに気づきはじめてからもう10年以上になる。
この仕事(木材業)に就いた頃からしばらくの間「木こり」をやっていたことがある。と言っても親方について作業するだけだったが。
加茂市・下田・三条市の山から杉の原木を切り出してトラックで運ぶ毎日。
その仕事をしていると作業内容が普通の仕事とは違うため、この仕事をやりたい若者はいるのだろうか、などと考えることもしばしばあった記憶がある。
林業従事者の年齢はますます高齢化し、若い者は後を継ぐ人間がいない。
こんな現状を目の当たりにしてきたが、今年あたりから状況も少し明るい兆しが見えるような気もしてきた。
木材をうまく利用して建築に生かすための工法が開発されました。
従来の木材利用の発想を覆すような一歩進んだ利用方法である。
杉の木を使ったパネル工法・または集成材などはあったのだけれど、今回は木の板を貼り合わせて構造材として使おうというもの。
先ほどの集成材と若干違う製造法になります。
普及すれば大量に木材を消費することになろうと思われます。
なぜならばビル建築にも利用されるであろうからです。いやもうその為に開発されたようなものらしいです。
今回の国立競技場の隈研吾氏のように木のデザインが好きな建築家たちが消費を促してくれることにより、産業が生き返ります。
いいことですね。
家をつくってこれを生業としていますが、やはり自然環境をつくって人々の生活を豊かにしていきたいですね。
幸せって、ものが溢れることやワガママに生きることではなくて、豊かに暮らせることだと思います。 みんなが譲り合って喧嘩しないこと。
そんな社会づくりを目指しています。

(話はずれましたか(笑))

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>