貸家に住むか新築するか悩んでいる

このところ世界的に経済状況も不安定ですね。

そんな先行きの見えなくなるような話題で世界中が騒いでいます。

不安は連鎖するものですね。

住宅購入も躊躇ってしまう方もいらっしゃるとは思います。

覚えていますか?以前あったリーマンショック。

今住宅を検討している若い世代の人たちには記憶は残っていないと思います。

あの時に起きた現象といえば、「国民総貧困思想」だと思います。

要するにメディアに脅されてそんな考え方に陥った我が国。

あまりにもメディアが発達しているため単一民族国家の日本人である私たちはみんなが心の「貧困思想」に陥りました。

実際にも企業の景気不安定があったのは事実です。しかし財布の紐が締まったために起きた第二次不況が後押しをしたカタチでした。

では今回のEU離脱問題はどうなるのでしょうか。

私見ではありますが三条市の企業には一部は円高の悪影響を受ける企業があることは事実です。(それもかなりの割合で)

しかしまたその逆も存在します。

どんな時にでも企業は努力します。ですから慌てないでください。

それをやるのは他人ではありません。従事している私たちがやるのです。

不況に飲み込まれないように会社を盛り上げましょう。

こんな時には、不安だと思っている住宅ローンでも会社をしっかりサポートすれば現実に安心へとなります。なぜって?金利は下がるのですよ。

住宅取得者にとってこんなに有利なチャンスはないと前向きになってみては如何でしょうか。

反対に景気上昇の時には金融機関も強気な金利引き上げをします。

今後は住宅ローン金利が上がることは考えにくいですね。というか金利が上がる要素が見つかりません。

ますます引き下げ方向になっていきます。

特にフラット35の住宅ローン金利引き下げは今後の住宅購入予定者の方にとっては有利にはたらくと考えられます。

言うまでもなく金融機関はアパートに住んでいる人よりも自分の不動産を持っている人のことを大切にします。

冬場結露がひどく寒い賃貸住宅に暮らすか、高性能で夏涼しく冬暖かい新築住宅で光熱費を抑えた生活をするか。

貸家に住むということのリスクを考えてみては如何でしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>