中古物件を買うより新築がいい理由

今回新築を叶えたお客様は当初は中古物件に住む予定でした。

その契約の前日に気になって私たちの事務所へ飛び込んで来たとおっしゃったのがきっかけでした。

中古ですから面積を自分で選べないのが気になります。

リフォームしても中古は売るために見栄えを変えキレイにしただけです。

ですから従来通りの「寒い家」。 …(- -)

床面積はとにかく広いわけです。・・・だから不要な部分にもリフォーム費用が掛かってしまう。

精一杯の資金で不要な部分も買わなければならないなんてモッタイなさ過ぎです。

新しく建てれば冬も寒くなくて、夏場は快適な新居が持てるのですよ。それもその予算内で。

現在の法律にのっとり、基礎がしっかりしていて基本構造もガッチリ。構造計算もおこなっている住宅を手に入れることが可能ってワケ。

中古物件の購入をとめるわけではなく、単純にお金をムダにしないための知識を分けてあげているにすぎません。

自分だったら・・・の精神です。ニコッ(^^)

そんなこんなで先日、予算内で立派なお家が完成しました。それも土地代金込みで。

出会いって不思議なものです。お互いに良かったとホッとしているところです。 メデタシメデタシ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>