林業はどうなるのか

最近起きているこんな話があります。

それは木材伐採に関してですが、現在利用されている新潟県内の越後杉ブランドには合法木材という認証が必要です。

たしかにブランド材として認知度を獲得するためには有効な手法であることはわかりますが、そのために伐採して杉材を売買している人たちは認証を取得する必要があります。

ということはこの業界、ある程度以下の小規模で認証を取得するまでもない個人事業所が多いため、殆どの製材工場が非合法といった現象が起こり得ます。

跡継ぎのいない高齢化した父ちゃん母ちゃん工場では生き残れないということです。

悩ましいところです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>